メイクを落とす上で気をつけたいコツ

皮脂が過剰気味な肌の場合だと、肌全体に水分が行き届いているように見えますよね。

でも、実は肌は水分不足に陥っている状態、という場合がたくさんあるのです。

肌の表面がカサカサしてないオイリー気味の肌は、皮脂の分泌が過剰におこなわれている状況なので、表面上の乾きは防げている場合が多いためです。

しかし、この皮脂が肌トラブルの原因になるので、洗顔をして余分な皮脂分をキレイに洗い流すことが大切ですね。

水分不足が気になる肌は、日々の洗顔後の水分補給のケアを正しくやっていくことで、かなり改善が期待されます。

毎日お化粧を欠かせないOLなどの場合には、メイク落としのクレンジングから改めてみましょう。

メイクを落とす上で気をつけたいコツは、メイクをクレンジングでしっかり落として、それと同時に、適度な角質や皮脂汚れは無くしてしまわないようにすることです。

そのためには、肌の基礎手入れにオリーブオイルを使用する人もいます。

メイク落としにオリーブオイルを塗っていると、肌の保湿がよくなったり、小鼻の毛穴に残った皮脂が適度に除去できたりします。

ただし、良質なオリーブオイルで手入れしないと、逆に肌トラブルになる恐れもあるので注意が必要です。

そして、もしも肌トラブルが起こった場合には、ただちに使うのはやめた方がいいです。

特に、敏感肌の方のためのスキンケア化粧水には、不必要なものが入っていないシンプルなものが一番いいです。

例えば、スキンケアクリームナノアルファが効果があるようですね。

ちなみに、スキンケア化粧水に界面活性剤がふくまれていると、肌が突っ張ってしまうため、肌トラブルが起こりやすくなります。

そのため、安いスキンケア化粧水でもいいので、肌に十分しみこませながら保湿をおこなうようにします。

もちろん、人によって肌の状態は違ってきますので、肌が過敏な状態の時には、スキンケア化粧品も使う前のパッチテストは必ず行ってください。