飼い主が甘やかしすぎた猫にゃんにゃんの日

先日は猫にゃんにゃんの日だったと言うのに、我が家の猫には、なにも還元してやっていませんでした。

どうりで夜中起こされるはずだわ。

私が熟睡しててもお構い無しに、ゴロゴロ、スリスリ、ニャンニャン。ヒゲがチクチクして爪でカリカリされるから目が覚めてしまいました。

まぁよくこんな風に夜中に起こされることはあるけれど、割と久しぶりだったかな、と思います。

うちの猫はオス猫だし、よその子より特別甘えん坊なので、お留守番やひとりぼっちの暗闇を嫌がります。

猫なのに。飼い主の抱っこやなでなでが大好きで、触らなくても近づいただけでゴロゴロ言いだします。

猫なのに犬みたい。

あまり構ってやれない日が続くと、こうやって夜中にいそいそと私のベッドまでやって来ては、私の寝込みを襲います。

かわいいからヨシヨシしてしまうけど、朝起きてから夜中起こされたことに腹を立てる飼い主です。

どうしてこんなに甘えん坊さんになってしまったのでしょう?

それとも、うちに来る前からもともと甘えん坊だったのでしょうか?

猫って、こんなに甘えるものなんでしょうか?

家猫は初なので、私には比べようがありません。

そうやってブログを書いている今も、私の腕の中でゴロゴロ、スヤスヤ。

冬場はまだ暖をとってるのかな、とも思うけど、今日はまだそんなに寒く無いはずです。

それどころか、夏場になってもこの調子でべったり。暑くないの?のぼせるよ?と言っても、当たり前だけどスルーです。

誰がこんな猫にした?いや、飼い主が甘やかしすぎたからかな。